メディカルジャパン、SDGsへの取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)とは、2015年に国連で採択された経済・社会・環境をめぐる広範囲な課題への取り組みで、企業を含む社会全体で取り組むことが求められています。SDGsで定められた17のゴールの中から、解決に向けわたしたちが大きく貢献すべき課題に対して、テーマ・目標を設定し達成に向け積極的に取り組みます。

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。

  社員が定着する職場環境づくり

協会けんぽ福井支部「健康づくり宣言」の認定を取得し、社員の健康作りに取り組んでいます。
(毎朝、ラジオ体操の実施・社内敷地内禁煙・毎月1回、健康だよりの配布・ストレスチェック等)
その他、社員の健康を守るため相談窓口(産業医)を設置し、相談しやすい環境作りを行っています。

  社会貢献活動の実施

 大和ネクスト銀行の「長期入院のこどもたち 応援定期預金」に参加しています。
預入れ残高に一定割合を乗じた金額が、応援先 (国立成育医療研究センター) に寄付されます。


  若手社員のキャリアアップ支援

技術力の向上、ビジネススキルの向上を目的に、定期的な勉強会などを開催しています。
また、社外セミナーへの参加を推奨し、社員全員が積極的に学ぶことに取り組んでいます。


  女性の採用・育成・登用の推進

採用において男女共に平等な待遇や場所を常に提供しています。
また、「ふくい女性活躍推進企業」の認定を取得し性別・年齢に依らない
キャリア形成・働き方支援(女性活躍推進、管理職登用)を行っています。
その他、女性が活躍できるように仕事も家事も子育ても平等に分担できる環境を整備するため
本人の希望に基づき、時短就業を実践しています。


  多様な人材が活躍できる職場環境づくりの開発

「総合滅菌管理システム」では、手術器具の医療安全を強化しながら使用状況を”見える化”することにより、作業者の負担軽減、業務削減や医療ミス防止に力を発揮し働き方改革を実現しております。


   環境に配慮した製品の開発

IoT技術を活用した自社開発システムで、モノづくり~導入を行っています。
システム導入後もお客様に寄り添い、結果を出すことに全力で取り組んでます。

また、「省エネ・リネンシステム」では、
客室の照明、エアコンなどを不在時に自動でオフにするため、無駄な電気の使用を抑制します。
最適な電源供給を行うことで、エネルギー資源を節約し環境対策への取組みに繋がります。


   省エネや3R(リデュース、リュース、リサイクル)の推進

環境問題への取り組みとして社員全員が、クールビズ・ウォームビズを実施しております。
休息時間には不要な社内の電気を消灯し、不必要な電源タップはオフにして帰宅するなど、
こまめな節電を心がけております。
また、環境保護への取り組みとしてリサイクルを常に意識し、
環境に配慮したリサイクルトナーやコピー紙を利用しております。
加えて、給与明細などはWEB明細を利用することで、ペーパーレス化を実現しております。